待っていても始まらない|婚活パーティーに足を運ぼう

カップル

遠距離でも長続きする方法

メール

負担にならない連絡の仕方

遠距離恋愛は簡単に会える機会が少なくなることから、定期的な連絡が欠かせなくなります。連絡をすることによって気持ちのすれ違いが防げるようになるので、遠距離恋愛の関係になったときはこれを意識しなければなりません。遠距離恋愛の連絡手段で気軽に始められるのがメールです。電話は相手の都合を振り回してしまう可能性がありますが、メールはいつでも送れて都合のいいときに返信をすればいいだけです。お互いにとって一番いい連絡手段となるのですが、メールにも相手を不快にさせないためのマナーがあります。好きだからと言って1日に何度もメールをしてしまえば、相手はうんざりしてしまいます。反対に、メールを怠ってしまえば、遠距離恋愛が長続きできなくなります。遠距離恋愛に向けたベストなメールのやり方としては、多すぎず少なすぎないメールの回数で連絡を取り合うことです。これなら相手の重荷にならず、定期的に連絡があるので安心できる関係でいられます。遠距離恋愛から関係がダメになってしまったという人も少なくないですが、このようなマナーを守れば気持ちが離れてしまうこともなくなるでしょう。相手からしばらくメールがないような場合でも、仕事が忙しいという理由もありえるので、すぐに怒ったり問い詰めてしまうのもよくありません。逆に、忙しくてなかなかメールができないときは、挨拶や簡単な質問だけを送ってみるのもいい方法です。相手の状況や性格などをよく把握していれば、こういったトラブルも起こりません。本当に気持ちがなくなってしまえば、連絡をわざわざすることもなくなります。メールは近況報告に加えて、気持ちの確認をしあえる方法にもなるのです。